メールフォームをコンパクトにまとめる

ネットショップを構築するときに買い物かごボタンの下に、お客様の声投稿フォームってあると入力しやすいじゃないですか。
それを実現するためにJavaScriptのライブラリ「jquery」を利用しました。
特定のボタンを押すとメールフォームを表示/非表示切り替えます。

忘れないようにメモ。

1.ヘッダー内の記述

[php]
<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript">google.load("jquery", "1.3");</script>
<script type="text/javascript">
$(function(){
$("h4").toggle(function(){
$("blockquote").css("display","block");
},
function(){
$("blockquote").css("display","none");
})
})
</script>
[/php]

2.BODYタグ内の記述

[php]
<h4><img src="***.png"></h4>
<blockquote style="display:none">
<form method="post">
...メールフォーム内の記述
</form>
</blockquote>
[/php]

pingサーバーまとめ

現在稼働しているpingサーバーは以下の通り

http://www.blogpeople.net/ping/
http://r.hatena.ne.jp/rpc
http://ping.fc2.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.myblog.jp
http://ping.weblogalot.com/rpc.php
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.rss.drecom.jp/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.namaan.net/rpc/

pingサーバーまとめ

現在サービスを提供しているpingサーバーはコチラ。

http://www.blogpeople.net/ping/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://r.hatena.ne.jp/rpc
http://ping.fc2.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.blo.gs/
http://ping.myblog.jp
http://ping.weblogalot.com/rpc.php
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.rss.drecom.jp/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.technorati.jp/rpc/ping
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://ping.namaan.net/rpc/

天気予報を表示するブログパーツ的なモノ

天気予報を表示するブログパーツ

天気予報を表示させるブログパーツはいくつかありますが、有料だったりフラッシュだったりとちょっと扱いにくいモノが多かった気がします。てなわけで、完全無料でテキストでの表示と画像の表示を切り分けできる柔軟な天気予報のブログパーツ的なモノを作ってみました。

特徴

  • テキストと画像なので思うがままにレイアウト(または装飾)できます
  • 画像が気に入らなければテキストに切り替えられます
  • 画像を好みの画像に切り替えられます
  • 天気予報の情報をいくつ出すか決められます(今日だけ、明日と明後日だけ等)
  • 仕組みが単純なため携帯電話用のWebサイトにも組み込めます

PHPで作成しているのでCMS(WP使いなのでWPでの利用を想定)が動く環境なら大丈夫と思います。Yahoo!やグーのブログはちょっと厳しいかも?

動作条件

ifreamタグで表示、本体はPHP。動作条件はPHP5.0以上インストールされているサーバーかなぁ。PHPを勉強し始めたばかりなのでよくわかりませんです。

謝辞

アイコンはタグボート(http://www.dspt.net/tools/emoji/)様からお借りしました。ありがとうございます。

見本

プログラムのダウンロードはしばしお待ちを、もうちょっとプログラムにバグがないか確認してから公開します。

googlefriendcontactの導入方法

logo.gif

Googleさん画像頂きました!

さてさて、先日から書きたかったGoogleフレンドコンタクトの導入方法をメモしておきます。

Googleフレンドコンタクトとは?

「Googleがはき出すスクリプトをWebサイトに貼り付ければ、mixiのような機能を自分のホームページに付加できる」これが簡単な概要です。少し詳しい話になりますが、ログイン機能やイベント機能、コメント機能などがそれぞれ独立しているので、目的にあった機能を選び、欲しい機能だけ自分のホームページに組み込むことができます。

先ほどの記事にも書きましたが、活用の仕方によってはメールフォームを使うより遙かに効果的な場面が出てきます。

Googleフレンドコンタクトの導入

まず、http://www.google.com/friendconnect/admin/にアクセスする。ログイン画面が出てくるのでログインする。すると次のようなページが出てくる。文字を読めば簡単に導入できるように配慮されています。

09072101.gif

同意するとWebサイトに貼り付けるのかブログ「bloger」に貼り付けるのか効いてきます。

なお、ライブドアブログなどFTPや特定のファイルを設置できるブログも既存のウェブサイト用の?を選択してもらってもかまいませんが、Googleのブログ「bloger」の利用者さんは下のブログ用をクリックしてください。

09072102.gif

次へのボタンをクリック。

09072103.gif

設置するWebサイトの情報を入力し、次へのボタンをクリック。

09072104.gif

そうすると、アップロードするファイルが出てくるのでボタンを押してダウンロード。二つのファイルを「アップロード先」で指示された先にアップします。

09072105.gif

設置をテストする画面が出てくるので、ボタンを押してきちんと設置されているか確認してください。

09072106.gif

次にメンバーガジェットのコードを取得の画面が出てきますから、このコードを取得します。メンバーガジェットにはログイン機能、プロフィール機能、他のメンバーの表示機能が入っています。

09072107.gif

自分の好みの設定を行った後に、「コードを生成」のボタンを押してスクリプトを取得します。メモ帳に貼り付けておいてください。

09072108.gif

メンバーガジェットだけでは、SNS機能を十分に使っているとはいえないし、おもしろくないので他にもガジェットを追加するため、さらにコードを取得します。「ソーシャルガジェット」のリンクをクリックすると、注目のガジェットが閲覧できます。欲しい機能からガチェットをチョイスしてコードを同様の手順で取得してください。

09072109.gif

取得したメンバーガジェットとその他のガジェットのコードをWebページに貼り付けます。

これだけで、自分のホームページをSNS化することができました。めでたしめでたし。

09072110.gif

GoogleFriendContactを導入してみた。

GoogleがSNSサービス機能を提供し始めました。

Google Japan Blog: Google Friend Connect でソーシャル化

早速、僕のブログにも導入してみました。右端のサイドメニューに「GoogleFriendContact」って表示がありますよね。そいつです。このサービスの簡単な使い方は、後ほどメモすることにしておいて、このサービスをどのように活かすことができるのかを考えてみたいと思いますよ。

イベントの告知&申し込みツールとして

顧客に対して、定期的にセミナー(お茶の勉強会)なんかを開催しているとお店は、「event」ガジェットがオススメですね。ホームページにログインガジェットとeventガジェットを組み込めば、あっという間にイベント申し込みのコンテンツができちゃう!よくあるメールフォームと比べて「Join site to RSVP」ってなボタンを押せば、そのイベントに参加申し込みできるわけですから簡単ですし、何人参加しているのかわかるってのも良いですね。人気のあるセミナーなのかどうかよくわかります。(それだけでは判断できませんが)たくさん参加しているセミナーだと安心感がありますよね。

あと、Googleカレンダーとの連携もワンボタンで超便利。

採用試験から入社までのコミュニティとして

mixiのコミュニティを自社ホームページでできるよう置き換えただけの利用方法です。mixiでよくありますが、特定の企業の採用に関するコミュニティってあるじゃないですか。それを自社ホームページで再現できるなぁと思いました。大手企業だと専用のコミュニティサイトがあるみたいですが、ログインガジェットと他の機能を使えば再現できますよね。

もし、見られたくない内容があるならば、htaccess設置して簡易ログイン機能つければいいですし。これからは中小企業でも学生とのコミュニティを作ることができるようになったのだー。ってもうこんなサービスあるのかな?

お客様の声をひたすら集めるツールとして

お客様の声をひたすら集めたい場合は、「コメント」ガジェットがオススメ。ログインガジェットとコメントガジェットを組み込めば簡単にお客様の声を収集できます。メールフォームで「お客様の声」を送ってくれって書いても誰も相手にしてくれませんが、ガジェットを使うとamazonや楽天のレビューのように簡単にかけるので書いてくれる可能性が高まります。入力してもいいかなと思えるわけですよね。

ただし、注意しておかなくちゃならないのは、悪いコメントがつく可能性も覚悟しなきゃいけません。悪いコメント残されてへこむくらいなら使わない。

 

と、いろいろ書いてみたものの、SNS機能を本格的に自分のビジネスに取り込んでいる企業ってあんまりないんだよね。mixiさんとかgogogsさんとかみていても、イマイチ広告収益モデルから脱出できていないなぁなんて思ってみたり。広告収益モデルから脱出する必要もないんだけどね。別の方法考えるのもおもしろいんじゃないかなぁなんて思ったりしましたよ。

SNS機能の本質は、Googleの担当者(及川卓也 さん)が書いているように

多くの人がウェブ上でのつながりを求めています。Google Friend Connect はそのようなソーシャル機能を簡単にウェブサイトに追加できるサービスです。

だと思います。「つながり」なんでしょうね。これはどんなビジネスにも必要なことでしょう。Webはその「つながり」を実現できる数少ないツールの一つです。できるだけ早くこういったことに気づいてくれると良いんですけどねぇ。特に地方はトホホ。。。

コピーライトの年数を動的に変更してみた

簡単なJavaスクリプトでフッターのコピーライトの年間表示を自動化してみました。

オーサリングソフトで操作していると変更ミスなんかがあったりしますよ。

CMSでWebサイトを構築していたとしても、自動化した方が便利ですよね。

そこで次のスクリプトですよ。

コピーライトってだいたい次のようになっていますよね。

09070701.gif

フッターの年数の更新する側に上記のスクリプトを貼り付けます。

09070702.gif

こうすれば、フッターの年数表示を気にすることがなくなりました。

1年に1回しか変更しないものは忘れちゃいますよね

 

なお、日付を表示するプログラムは、「イヌでもわかるJavaScript」様を参考にさせていただきました。

本当にありがとうございます。

 

xoopsがイマイチ流行らない理由の考察

XOOPSを最近勉強しているのですが、知名度でWPやMTに負けている理由がわかったような気がします。

結論として、XOOPSは圧倒的に情報量が少なく情報があったとしても開発者向けの情報しかないため、初心者が取っつきにくいから流行らないのだとおもいます。

情報量が少ない

確かに、「うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪」様を始め、初心者向けのWebサイトがあるのもわかりますが、もうちょっとつっこんだ情報がないのですよ。インストールから簡単なプラグインを入れるところまでは、比較的情報がありますが、その続きがない。。。図で表すなら次のようなイメージです。

■初心者が上級者になるために必要な情報

初心者向きの情報 → (       )  → プラグインカスタマイズなどの上級者向きの情報 → 開発者情報

                  ↑モジュールとテーマ・ブロックのハック方法等の中級者向きの情報がない

XOOPSは機能的に洗練されていてモジュール(プラグイン)も充実していてすばらしいのですが、それらを扱う方法が丁寧じゃない!もったいない気がしますよ

情報があったとしても開発者向けの情報

極論を言ってしまえば、Webサイトは「情報(ナビ、コンテンツ)をどこに表示させるか?」「情報をどうリンクさせるか?」が決まり、情報があればデザイナーは作れます。

けれども、XOOPSに関する情報があまりにない!

ムーバブルタイプのようなタグ辞典はどこに!?

商用利用するために

商用利用ができるかというのが、知名度をぐーんと上げる要素ではないでしょうか?

(くどいようですが)XOOPSは機能的にすばらしいです!ですが!

上記で説明したように、総じて情報が少なすぎるのですよ!機能は十分すぎるほどあります!

ですが、Webサイト運営者はそれほど機能的なWebサイトをほしがっているわけではありません。

おおむね、次のような機能がついていれば満足してもらえると思います。

  1. エディタでWebページを書き換えることができる
  2. メールフォームがついている
  3. ブログ

これ以外の機能(カレンダー機能など)は、枝葉の話でないならないで満足していただけるお客様が大多数だと思います。

だからわかりにくいXOOPSを敬遠して、WPやMTが流行ってるんじゃないかなぁと思ったりするのですよ。

中級者向きの情報を出したページがあればいいなぁ。。。。

 

 

っと言うわけで、このすばらしいCMSを普及させるために、ちょっと僕が頑張ってたいとおもいます!

初心者から中級者になりつつあるようなの若輩者ですが、XOOPSユーザーの皆さん、ご指導のほどお願いします