Ipad2を買ったので実験的に投稿してみる

本日、ものすごくまぐれでiPad2を買うことができました。
遅くなりましたがAppleデビューを飾ることができました。
この投稿もアプリ《WordPress》からの投稿です。
悪くはないですが写真を投稿できないのが少しだけ不満かな。
投稿ボタンはあるからパーミッションの設定でなんとかなりそう。

最大の不満はリッチエディタに対応していないこと。
タグで囲まれていない素の状態のテキストがタイプされます。

20110430-015841.jpg

20110430-015401.jpg

ワードプレスでマルチサイト化したあとにドメイン名を変更することは考えない方が得策

2011/09/22
ブログ「暗中模索の右往左往」さんで解決策が提案されています。
是非おためし下さい。

★過去記事
ワードプレスはひとつのCMSで複数のブログを運用する機能があります。
マルチサイト機能と言って、さすがにムーバブルタイプの後継CMSだとおもいます。

んで、便利なのは良いですけれども、意外なところでつまずいたので忘却録を兼ねた記事を書いてみました。

顧客がさくらインターネットのレンタルサーバー(スタンダード、ドメインなし)を借りていたので、そのアドレスにワードプレスをインストールしてマルチサイト化して作り込み。
ドメインを取得したのでワードプレスに登録しているドメインを変更しようとすると、、、出来ない。
通常のワードプレスなら管理画面の一般メニューから変更することが出来ましたが、マルチサイト化したワードプレスにはできない。

色々調べて実験しましたけど、無理です。

フォーラムにも同様の質問があり解答がありましたが、私はデータベースに接続できない旨のメッセージが表示されてドメインの変更は出来ませんでした。

ワードプレスでマルチサイト機能使うなら、初めからドメインをセットした状態で運用すること。
また、運用中にドメインを変更すなら新しいサイトにするつもりで望む。ってほんまかいな。
なんか良い方法がありそうな気がします。。。

さくらインターネットがマルチドメインに対応していた件について

さくらインターネットの話題が多い昨今。
調べていたらさくらインターネットはマルチドメインに対応しているみたいですね。
バリュードメインで仕入れたドメインも簡単に利用できます。

さくらインターネットのマルチドメインを利用する際は、次のサイトを参考下さい。

「さくらインターネット マルチドメイン」で結構情報サイトが出てきますが、基本的には上記マニュアルでことたります。

さくらインターネットにワードプレスをインストールするときの注意点

さくらインターネットにワードプレスをインストールするのには少し骨が折れます。
っというのも、さくらインターネットではセキュアな環境を作るためPHPをCGIモードで動作させなければなりません。
少し設定をミスすると「ワードプレスのインストール画面が真っ白になった」「500 internal server error 」がおこります。

一応、さくらインターネットでワードプレスのインストール マニュアルが用意されているのでマニュアルを読んでもらえればオッケーなのですが、実はひとつ罠が仕掛けられています。

さくらインターネットのマニュアルでは、パーミッションが「705」と指定されています。

しかし、私の環境ではワードプレスが動作しませんでした。
インストールが成功したパーミッションは「755」です。

また、ルートフォルダ(/www/の直下)の下位フォルダにインストールする場合は、インストールするフォルダのパーミッションも同様に「755」に変更する必要があるようです。

これらのパーミッションの設定を間違えると「インストール画面が真っ白になった」「ソースに何も表示されない」「500エラーが表示される」といったorzな事態に遭遇します。

なお、「さくらインターネットにワードプレスをインストールする」などで検索すると数多くのサイトがヒットしますが、基本的にはさくらインターネットさんが用意してくれているマニュアルを信頼しましょう。

.haccessを利用する方法やコントロールパネルを操作する方法など色々な手法をみましたし、実際に私も試しましたがあまり有効ではありませんでした。
もし、当方法でインストールが上手くいかない場合は、ワードプレスのファイルとデータベースを削除したうえで、再度インストールを試してみてください。
その際は、パーミッションの設定を「755」から「705」に変更して実施してみてください。

余談ですが、コアサーバーもPHPをCGIモードで利用しているのでワードプレスのインストール作業手順はほぼ同じです。
先日「htaccessを利用する方法」を紹介しましたが、きちんと同手順でインストールすれば不要でした(実験済み)

中小企業でつかえるツィッターサービス

そもそもツィッターの集客には期待していない企業がほとんど。
フォローミーのボタンがついてて、ブログ記事がツイッターに表示されればオッケーでしょ。
てなわけで、忘却録も兼ねたメモ。

比較的最新のPINGサーバーを常にウォッチする方法

過去の記事でも取り上げてきましたpingの送信先。
突然サービスが停止したりして、エラーが大量に表示されることもしばしば。
エラーになったpingサーバーのアドレスを削除していれば、いずれは送信先がなくなります。
常に最新のPINGサーバーのまとめサイトがわかってりゃー良いと思いませんか?

最新かどうかは保障はありませんが、ワードプレス本家のアップデートサービスに定期的に情報が出ているようです。
英語版と日本語版の両方掲載してくれているのはありがたいですね。

なお、ワードプレスからのアクセスは次のような感じ。

Google.comで検索したいときのURL

アメリカのネットショップで買い物したいときに困るのが「何処で検索して良いのかわからない」こと。
Google.comにアクセスしても自国のGoogle検索画面にリダイレクトかかっちゃうのが歯がゆい。

そんなときは次のURL(http://www.google.com/ncr/)にアクセスすればオッケー。

ただし、上記URLにアクセスすると以降、すべてアメリカのGoogle検索画面になります。
よって日本語に戻したいときは次のURL(https://www.google.com/accounts/ManageAccount?hl=ja)にアクセスすればオッケー。

メールフォームをコンパクトにまとめる

ネットショップを構築するときに買い物かごボタンの下に、お客様の声投稿フォームってあると入力しやすいじゃないですか。
それを実現するためにJavaScriptのライブラリ「jquery」を利用しました。
特定のボタンを押すとメールフォームを表示/非表示切り替えます。

忘れないようにメモ。

1.ヘッダー内の記述

[php]
<script type="text/javascript" src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script type="text/javascript">google.load("jquery", "1.3");</script>
<script type="text/javascript">
$(function(){
$("h4").toggle(function(){
$("blockquote").css("display","block");
},
function(){
$("blockquote").css("display","none");
})
})
</script>
[/php]

2.BODYタグ内の記述

[php]
<h4><img src="***.png"></h4>
<blockquote style="display:none">
<form method="post">
...メールフォーム内の記述
</form>
</blockquote>
[/php]