島田慶資のサンデーマーケティング

日曜日に楽しく勉強!起業家創業者のためのマーケティングをご紹介。

CMS関連 Webサイト構築の小ネタ

コピーライトの年数を動的に変更してみた

投稿日:

簡単なJavaスクリプトでフッターのコピーライトの年間表示を自動化してみました。

オーサリングソフトで操作していると変更ミスなんかがあったりしますよ。

CMSでWebサイトを構築していたとしても、自動化した方が便利ですよね。

そこで次のスクリプトですよ。

コピーライトってだいたい次のようになっていますよね。

09070701.gif

フッターの年数の更新する側に上記のスクリプトを貼り付けます。

09070702.gif

こうすれば、フッターの年数表示を気にすることがなくなりました。

1年に1回しか変更しないものは忘れちゃいますよね

 

なお、日付を表示するプログラムは、「イヌでもわかるJavaScript」様を参考にさせていただきました。

本当にありがとうございます。

 

-CMS関連, Webサイト構築の小ネタ
-

執筆者:

関連記事

no image

メールフォームをコンパクトにまとめる

ネットショップを構築するときに買い物かごボタンの下に、お客様の声投稿フォームってあると入力しやすいじゃないですか。それを実現するためにJavaScriptのライブラリ「jquery」を利用しました。特 …

no image

googlefriendcontactの導入方法

先日から書きたかったGoogleフレンドコンタクトの導入方法をメモしておきます

no image

litebox2.0の導入方法

サムネイルをクリックするとWebページに写真が重ね合わせて表示されるWebサイトをちまたでよく見かけませんか?それって、Javascriptのライブラリ「Litebox」なるものを使っているみたいです。僕もちょっとチャレンジしてみようかなぁなんて思ったりしてみます。

no image

モバイル版Yahoo!検索の検索エンジン(クローラー)のIPアドレス

モバイル版Yahoo!検索の検索エンジン(クローラー)のIPアドレス

no image

.htaccessの詳細を語っているページを紹介