各ページにCSSやメタタグを変更するスクリプト

<link href=”<mt:BlogUrl />initialaize.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” />
<link href=”<mt:BlogUrl />common.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” />

//トップページやセカンドページに関係なく必要なCSSやタグは↑においやる

//メインページのテンプレートに、<MTSetVar name=“page” value=“home”>
//を仕込むことで、トップページのみ↓のタグが適応される。

<MTIf name=”page” eq=”home”>
<meta name=”keywords” content=”Facebook” />
<meta name=”description” content=”Facebookです” />
<title>Facebookのページ</title>
<link href=”<mt:BlogUrl />home.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” />
<link rel=”alternate stylesheet” type=”text/css” href=”<mt:BlogUrl />home.css” title=”standard” />
<link rel=”alternate stylesheet” type=”text/css” href=”<mt:BlogUrl />home-small.css” title=”small” />
<link rel=”alternate stylesheet” type=”text/css” href=”<mt:BlogUrl />home-big.css” title=”big” />

//同様にアーカイブテンプレートのウェブページに、<MTSetVar name=“page” value=“other”>
//を仕込むことで、セカンドページのみ↓のタグが適用される。

<MTElseIf name=”page” eq=”other”>
<meta name=”keywords” content=”<$MTPageKeywords$>” />
<meta name=”description” content=”<$MTPageExcerpt$>” />
<title>Facebook|<$MTPageTitle$></title>
</MTIf>

 //先ほどと同様にトップページのみ適応される

<MTIf name=”page” eq=”home”>
<link href=”<mt:BlogUrl />home.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” />

//先ほどと同様にウェブページのテンプレートのみ適用される
<MTElseIf name=”page” eq=”other”>

//ただし、Webページのタグ欄に入力した記号にあわせてCSSを変更する
<MTPageTags>

//タグ欄に『column』を入力したモノのみ以下のCSSが適応される
<MTPageIfTagged tag=”column”><link href=”<mt:BlogUrl />second.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” /></MTPageIfTagged>

//タグ欄に『nocolumn』を入力したモノのみ以下のCSSが適応される
<MTPageIfTagged tag=”nocolumn”><link href=”<mt:BlogUrl />second02.css” rel=”stylesheet” type=”text/css” /></MTPageIfTagged>
</MTPageTags>
</MTIf>

以上、ヘッダーを閉じればみんな幸せ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です