Google公式検索エンジン対策資料が発表されていました

GoogleがブログとPDFで検索エンジン対策について言及しています。
SEOを意識している人は必見。

◆ブログ

Google のインデックスやランク付けなどに関する、10 の誤解http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.com/2009/08/google-10.html

2009年8月26日 | 16:00

ウェブサイトを立ち上げると、自分のサイトが検索エンジンにどのようにインデックスされ、ランク付けされているのかが気になる方も多いでしょう。ラ ンク付けをあげるために、たとえば、ウェブページやメタタグに、検索に利用されるであろうキーワードを詰め込むとか、無数の検索エンジンやディレクトリ型 検索エンジンへの登録を試みるなど、試されたことありませんか?

本日は、去年の秋に開催された Live chat のイベント(英語) で、サーチクオリティチームの John Mueller が紹介した、「Google のインデックスやランク付けに関する、10 の誤解 」というプレゼンテーションを元に、これらの誤解について、解説したいと思います。

誤解 1: サイト内に 重複するコンテンツ があるとペナルティを受ける

あなた自身のサイト内の重複するコンテンツについて、過度に気にする必要はありません。Google は重複するコンテンツを無視することに長けています。重複するコンテンツのうち、検索結果に優先的に表示させたいページがある場合は、canonical 指定を使う など、Google がそのページに気付きやすいようにしてください。(…続く)

◆PDF

Google 検索エンジン最適化スターター ガイド Version 1.1日本語版
2009年 6月 1日公開

Google 検索エンジン最適化スターター ガイドへようこそ。この資料は当初、社内向けに作成したものでしたが、検索エンジン最適化 (Search Engine Optimization: SEO) にまだ馴染みのない方や、ユーザーと検索エンジンの双方に優しいサイトを構築しようとしているウェブマスターの方々にも役立つのではないかと考え、公開し ました。 このスターター ガイドには Google の検索結果で 1 位になるための秘訣が記載されているわけではありません。でもここに書かれていることを参考にウェブサイトを構築していただくと、検索エンジンからクロー ルされやすく、インデックスされやすいサイトになります。 多くの場合、SEO に必要なのはサイトの様々な箇所に微調整を加えることです。そういった調整は個別には小さな変更に見えるかもしれません。しかし、他の最適化とあわせて行 うことによって、サイトのユーザー エクスペリエンスにおいても検索結果上のパフォーマンスにおいても、大きな効果を生む可能性があります。これから取り上げる内容はどんなウェブページにも 必要不可欠な要素ですので、既にご存知のことも多いかもしれませんが、その知識を最大限ご活用いただくために、ぜひこのガイドをお役立てください。
検索エンジン最適化はウェブ検索結果にのみ影響するものであり、Google AdWords などの広告部分には影響しません (※この検索結果はイメージです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です