ナイトライドについて

日焼けをしなくないという理由から、ナイトライドによく出かけています。
ミニベロなのでナイトライドも意外と快適なんです。以下、理由。

  • 平均時速20km程度しか出ないので、比較的安全
  • タイヤの幅がけっこうあるので、突然の溝や段差も意外と平気
  • (ピンディングペダルにしていないので)、バランスを崩しても足をすぐつける

ただ、後続車からどのくらい認識してもらえているのかどうか、不安だったのでテールランプを装着してみました。

2014-09-16 23.51.37

 

テールランプはCannondale

効果絶大。車が避けて通行してくれていることを実感できますw
ナイトライドをする方は、ぜひテールランプを付けてみてください。

本日の総走行距離579km。目標1000kmまであと、421km!

頑張ります(^_^)

練習後の酒

週休2日で酒を飲んでるのですが、酒を分解するのにグリコーゲンを消費する。
貴重なグリコーゲンを練習に使うために、酒は厳禁としているストイックな人もいるようです。

でも、レースで優勝を目指さなければ、楽しいほうがいいじゃないですかと思います。

2014-09-01 21.12.10レフティー感が結構出てるアングルでしょw

 

フーリガンロードにボトルケージは鬼門

ボトルがボロボロになってます。
(これはこれで、カッコイイ気はしますw)

2014-09-14 17.20.01

このボトルは購入して1週間程度。
スポーンとボトルケージから抜け落ちること5回以上。
数年使ったような風合いがでてきましたw

フーリガンロードには、残念ながらボトルケージ用の取付穴はついていません。
樹脂製のバンドで何とかする方法もあるようですが、アタッチメントを取り付けて対応してみました。

2014-09-14 17.18.36

アタッチメントをつけてボトルケージを固定している

2014-09-14 17.18.31

ボトルケージの全体像

段差があるところに、タイヤがぶつかるとボトルがスポーンと抜け落ちます。
ボトルにドリンクが入っていると衝撃で抜け落ちるので、段差があるようなところだとついボトルを手で抑えこんでしまいます。

ボトルのすっぽ抜けを防ぐために、キャップもいっしょに抑えこむ商品もあるようです。
とりあえず、当シーズンはすっぽ抜けのリスクは有りますが、このまま走ります。

ご参考下さい(^_^)

ロードバイクじゃアタリマエのことなんだろうけれども…

自転車屋さんでドロップハンドルのギアの操作方法を習ったのだけれども、前輪のギアが全く入らなかった。

本日、自転車屋さんに行ってみて、操作方法をもう一回習って納得しました。2014-09-14 17.18.52

左側のギア(前輪)は、真ん中のレバーを押し込んで、軽くなる。
奥の大きなレバーを押し込んで、重くなる。

2014-09-14 17.19.42

 

んで、右側のギア(後輪)は、真ん中のレバーを押し込んで、重くなる。
奥の大きなレバーを押し込んで、軽くなる。

左右(前後)のギアで、操作方法が逆。
なんで入らないんだろうとずっと疑問に思っていたことが解決しました。

でも、なんで逆にしているんだろうね?