宇宙人でもわかるxoopsのインストール手順3

XOOPSのインストール作業もおおづめ!

ダウンロードしてきたパッケージをサーバーにアップロードして、初期設定を行っちゃいましょう!

なお、このインストール手順とインストールの画面キャプチャはXOOPS公式サイト様の「XOOPSCubeインストールガイド」を引用させていただいております。画面キャプチャを公開するのは、セキュリティ上危険と判断したためです。本家様ありがとうございます。

1.ファイルを解凍して、アップロードするファイルを確認する

ダウンロードしたファイルを解凍しましょう!WindowsXPなら右クリック>すべて展開 で解凍できます!

解凍すると次のようなファイルができます。

09070409.gif

2.インストールするためのファイルをアップロードする

レンタルサーバーアップロードするためのファイルは、次のファイルの中に格納されています。

E:\Package_Legacy_2_1_7\Package_Legacy\html

09070410.gif

09070411.gif

09070412.gif

上記htmlフォルダに入っているファイル群をレンタルサーバーにアップロードしますよ。

アップロード先は、ホームページを公開したい場所。独自ドメイン持っているならルートになります。

注意点が2点ほど。ファイル数が多いのでアップロード作業は光回線でも10?20分程度必要です。暇つぶしできるような本を用意しておくことをオススメします。また、レンタルサーバーによっては、何らかの原因で途中アップロードが中断してしまうことがあります。中断した場合は、アップロード作業をはじめからやりなおしてください。インストールができなかったときに悩むネタが少し少なくなります。

09070413.gif

3.ファイルのパーミッションを変更する

アップロードが終了しましたら、次のパーミッションを「777」に変更します。

変更後はOKボタンを押してひとまず、アップロード作業は終了です。

  • 「uploads/」フォルダ
  • 「cache/」フォルダ
  • 「templates_c/」フォルダ
  • 「mainfile.php」ファイル

09070414.gif

4.ブラウザでホームページにアクセスして初期設定を行う!

パーミッションの変更終了後、ブラウザのアドレスに「http://ホームページアドレス」を入力すると、インストールウィザードが開始します。ここからXOOPS公式情報を利用させていただきます。本物でインストールを目指したい方は、コチラにジャンプしてくださいませ。 

 

インストールウィザードが開始しますから、そのまま「次へ」のボタンを押してください。

install001.gif

 

これまでの手順をきちんと踏んでいて、一般的なレンタルサーバーを利用していて、一般的なブラウザを利用していればそのまま「次へ」ボタンをクリックしてもらってかまいません。

install002.gif

 

もし、パーミッションの設定を失敗していれば次のような画面にはならず、左の緑色のボタンが赤色になります。もう一度手順を読み直してくださいませ。それでもダメならXOOPS公式サイト様で質問してみてください。

install003.gif

 

先ほど作成したデータベースの情報を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。XOOPS公式サイトでは、この段階で失敗が多いのではないか?と注意を喚起していますよ。

install004.gif

 

入力したデータがXOOPSの肝「mainfile.php」に書き込まれます。問題なければそのまま「次へ」ボタンを押してください。

install005.gif

 

もし、何らかの不具合があると緑色のバーが赤色になります。もし、赤色のバーが出た場合は、次の指示に従ってください。サーバーの設定によっては、無視しても良いものがあるみたいですが、私の理解を超えるので、公式ページから引用させていただきました。

先頭に赤色の信号が付いた場合は、インストーラが検出したパスとURLが、設定されたものと尾異なっています。 上記で設定した項目が正しいか確認してください。 間違っていた場合は、インストールをはじめからやり直してくださ
い。 (サーバの設定によっては、まれに、設定が正しくてもエラーとなる場合があります。その際は、無視して次に進んでください。)

install006.gif

 

特に失敗がなければ、次のような画面が出てきます。そのまま「次へ」のボタンを押してください。

ここから先は、とくに入力する必要がないので画面キャプチャだけ表示させます。

install007.gif

install008.gif

install009.gifinstall010.gifinstall011.gifinstall012.gif

 

管理人ユーザーを作成するための画面が表示されます。ユーザー名とパスワードは絶対に忘れないよう、メモ帳にコピーして保存し、できればそれをプリントアウトしてください。さらにXOOPS公式情報では、ユーザー名パスワードともに半角英数字(記号とスペースはダメ)を推奨しています。

入力がすんだら「次へ」のボタンを押してください。

install013.gifのサムネール画像

 

不具合がなければそのまま「次へ」のボタンを押してください。

install014.gifinstall015.gif

 

XOOPSで構築されたホームページができました!

おめでとうございます!!さっそくログインして初期設定を行いましょう!

install016.gif

 

ログインすると次のような画面になります。必須項目のモジュールだけチェックついた状態でインストールボタンを押してください。

install017.gif

 

これがXOOPSの管理画面です。これからガシガシ変更を加えていきましょう!!!

install018.gifのサムネール画像