島田慶資のサンデーマーケティング

日曜日に楽しく勉強!起業家創業者のためのマーケティングをご紹介。

その他

宇宙人でもわかるxoopsのインストール手順 オリエンテーション

投稿日:

XOOPSCLのインストールの流れをおおざっぱにまとめると次のようになります。

  1. XOOPS専用のデータベースを作成する
    データベースソフトは、mysqlを選択するとたくさん情報があるので安心かも?
  2. XOOPSパッケージをダウンロード
  3. レンタルサーバーにXOOPSをアップロード&インストール
  4. 初期設定

基本的には以上の作業でXOOPSが利用可能になりますが、初期設定以降に機能を追加したいであるとか見栄えを変更させたいときはまたちょっと骨が折れます。

そのあたりは、「インストール方法」とは違ったカテゴリーで紹介したいと思います

-その他
-

執筆者:

関連記事

no image

超初心者でも簡単にムーバブルタイプでホームページを作成する方法 第二回

no image

サーチウィキ web2.0的な情報の重み付け

no image

トップページのみに表示したいファイル

no image

宇宙人でもわかるxoopsのインストール手順1

データベースの作成方法は、各レンタルサーバーによってことなります。(さくらインターネットさんなんかは、契約時に自動的に作ってくれるみたいです、便利ですね)僕が利用しているレンタルサーバーがCORESERVER.JPという理由で、コアサーバーだとデータベースはこう作りますよーという方法をご紹介します。

no image

さくらインターネットがマルチドメインに対応していた件について

さくらインターネットの話題が多い昨今。調べていたらさくらインターネットはマルチドメインに対応しているみたいですね。バリュードメインで仕入れたドメインも簡単に利用できます。 さくらインターネットのマルチ …