xoopsがイマイチ流行らない理由の考察

XOOPSを最近勉強しているのですが、知名度でWPやMTに負けている理由がわかったような気がします。

結論として、XOOPSは圧倒的に情報量が少なく情報があったとしても開発者向けの情報しかないため、初心者が取っつきにくいから流行らないのだとおもいます。

情報量が少ない

確かに、「うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪」様を始め、初心者向けのWebサイトがあるのもわかりますが、もうちょっとつっこんだ情報がないのですよ。インストールから簡単なプラグインを入れるところまでは、比較的情報がありますが、その続きがない。。。図で表すなら次のようなイメージです。

■初心者が上級者になるために必要な情報

初心者向きの情報 → (       )  → プラグインカスタマイズなどの上級者向きの情報 → 開発者情報

                  ↑モジュールとテーマ・ブロックのハック方法等の中級者向きの情報がない

XOOPSは機能的に洗練されていてモジュール(プラグイン)も充実していてすばらしいのですが、それらを扱う方法が丁寧じゃない!もったいない気がしますよ

情報があったとしても開発者向けの情報

極論を言ってしまえば、Webサイトは「情報(ナビ、コンテンツ)をどこに表示させるか?」「情報をどうリンクさせるか?」が決まり、情報があればデザイナーは作れます。

けれども、XOOPSに関する情報があまりにない!

ムーバブルタイプのようなタグ辞典はどこに!?

商用利用するために

商用利用ができるかというのが、知名度をぐーんと上げる要素ではないでしょうか?

(くどいようですが)XOOPSは機能的にすばらしいです!ですが!

上記で説明したように、総じて情報が少なすぎるのですよ!機能は十分すぎるほどあります!

ですが、Webサイト運営者はそれほど機能的なWebサイトをほしがっているわけではありません。

おおむね、次のような機能がついていれば満足してもらえると思います。

  1. エディタでWebページを書き換えることができる
  2. メールフォームがついている
  3. ブログ

これ以外の機能(カレンダー機能など)は、枝葉の話でないならないで満足していただけるお客様が大多数だと思います。

だからわかりにくいXOOPSを敬遠して、WPやMTが流行ってるんじゃないかなぁと思ったりするのですよ。

中級者向きの情報を出したページがあればいいなぁ。。。。

 

 

っと言うわけで、このすばらしいCMSを普及させるために、ちょっと僕が頑張ってたいとおもいます!

初心者から中級者になりつつあるようなの若輩者ですが、XOOPSユーザーの皆さん、ご指導のほどお願いします