忘年会とリサーチ

昨年の忘年会は彩花亭時代屋(http://yado.mob5.jp/plan/index.php?mode=plan_detail&YadoNo=130&PlanNo=1&StayDate=&PlanCateNo=0&StockNo=15&RoomTypeNo=10#PlanDetailTop)で行いました。

山形牛ステーキがメインの晩ご飯でした。本当に美味しいですね。
最近流行のサラダの彩りでごまかしている料理ではなく、しっかり下味をつけた料理が数多く出されました。
※味が濃いというわけではありませんよ
食事の量も、多すぎるわけではなく少なすぎもしない、絶妙な分量でした。
顧客の顔を見てサービスできる旅館ならではの心遣いですね。感服しました。
食事はどうしても量を多くして、不満をへらそうとする旅館さんが多いですよね。
私が経営者でも、クレームが怖くて食事の量は残す程度に設定すると思います。
でも、顧客側からすると「色んな料理を食べたかったのに残してしまった」という残念な気持ちになるわけです。
ここをわかっている旅館はそうそうないなと思いました。

あと、食事は五感に一番効くポイントなのでココを押さえていれば多少の不満は出ませんよね。
そこもわかっているのはホントすごいことです。どこかのコンサルタントが入っているでしょうね。

部屋と大浴場は一般的な旅館と変わらなかったです。
ただ、なぜか落ち着きます。これは何処がそうしているのかわからなかったです。
今後の研究課題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です